かつてネトゲで数十人率いた妻と子ども達の中学受験

家を売ってSAPIX代をねん出し、2021年に娘が、2023年に息子が中学受験に挑戦することになりました。

「勉強してないのに点数良かった」はウソかマグレ

組分けの結果、
ステイ
でした。

まあ、最低限です。

パパ勉は、平日早朝の勉強を週に3回ほど、あと土日に、合計で5時間から8時間程度やってます。

はっきり言います。

むちゃくちゃ勉強やってます
結果は出ていないですけど。。。

日本の勉強界において、悪い風潮だなあと思うことの一つは、
ちょっとしか勉強しないのに、成績が良いのが一番かっこいい
という風潮です。

この風潮をまとめるとこんな感じです。

成績良い 成績悪い
勉強した 普通 カッコ悪い
勉強してない カッコいい 普通

こんな風潮、百害あって一利なしです。

この風潮により、子どもも親も、成績が良い時は「あまり勉強しなかったんだよねー」と、サバを読み、
むちゃくちゃ勉強してたのに、成績が悪い子に対して、軽蔑の目を向けるのです。

また、成績が悪い時でも、事前に「勉強していない」と布石を敷いているので、カッコ悪い状態には陥りません。

そんなことをしていると、一生懸命やっている子も、点数が出ないリスクがあるので、勉強していることを言いづらくなるのです。

本当なら、他の子たちがどういう勉強をしているのかを情報交換し、お互いが切磋琢磨できるチャンスなのに、つまんない親の見栄で、子どもたちの成長のチャンスを潰しているのです。
また「努力して失敗するくらいなら、努力をしない方がまし」と子どもが考えるように、そんな意図はないでしょうが、結果的には仕向けているのです。


成績が良い子は、努力しているかマグレかのどちらかです。


本当に、勉強しなくても結果出しちゃう子は、いると思いますよ。
ただ、そんな神童は全体の1%もいないはず。出会うのも難しいレアキャラですよ。

そう考えると、
「勉強してないのに点数良かった」
は、ウソかマグレ
と考えた方が合理的です。


マグレは続かないので、
継続して結果出している子は、必ず相当努力していると考えてよいと思います。
そういう子たちの努力を見習えば、きっと結果もついてきます。

僕が愛して止まないボクシング漫画「はじめの一歩」でも、鴨川会長がこう言ってます。

努力した者が全て報われるとは限らん
しかし!
成功した者は皆すべからく努力しておる!!

はじめの一歩(42) (講談社コミックス)

はじめの一歩(42) (講談社コミックス)


さっきの表で言うと、僕の理想はこんな感じです。

成績良い 成績悪い
勉強した 1位「よく頑張った」 2位「このままがんばれば伸びる
勉強してない 3位「できるならもっとやれ」 4位「論外」

コメントを記入できるようにしました。
多くの方と意見交換できると幸いです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

PVアクセスランキング にほんブログ村