かつてネトゲで数十人率いた妻と子ども達の中学受験

家を売ってSAPIX代をねん出し、2021年に娘が、2023年に息子が中学受験に挑戦することになりました。

社長が怒りの電話をかけてきた(妻と僕との転職物語4)

これまでのあらすじ

結婚を機に転職を決意した僕。妻の後押しによる運命のクリックで、見事に内定を勝ち取ったのだが。。。

前回の記事はこちら。

突然の電話

転職先が決まったのですが、
「今の会社には伝えない方が良い」
という、ネット上のアドバイスを信じ、黙っていました。

ただ、当時の常駐先の上司には、普段からお世話になっていたので、転職先を伝えました。

その際、今の会社の社長に言わないで欲しい旨、伝えるのを忘れたので、あとで伝えに行くと、

「あ、内緒だったの? ごめん、今ちょうどメールしちゃった

とのこと。

まあ、お伝えしていなかったので、仕方ないですし、バレたところで、特に実害はないだろうと思ったのですが、その直後、社長から突然電話がかかってきました


なにやら怒っています。


社長「あのさあ、君がどこに就職するか知らないけどさあ」

僕「はあ」

(いやいや、このタイミングの電話って、今メール見たでしょ??)

社長「今回の退職の件、ありえないよ

僕「は?」

社長「まあ、辞めるにしても、今常駐している会社に就職しないと、筋が通らないよね?

僕「え?なんでですか?」

社長「ええええ!? そんなこともわからないの??? だから君はダメなんだよ!!!

僕「いや、意味がわかりませんけど。。。」

社長「山田さん(常駐先の上司)も、むちゃくちゃ怒っているよ?」

僕「はあ」

(全然怒ってなかったけど。。。むしろ激励してくれたけど)

社長「この業界って世界が狭いんだよ。わかる?」

僕「ええ。まあ。」

社長「君がそんな不義理を働いたら、君の悪評はあっという間に広がるよ。いいの?」

僕「え? ちょっと待ってください。辞める理由はお伝えしましたよね? また、すぐにでも辞めたいところを、プロジェクトを完遂するまで、辞めないことにしました。」

僕「それだけじゃないですよね。僕の単価分だけじゃなくて、他の社員の仕事を取ってきたり、会社の売り上げのために、別のプロジェクトの仕事を自分で取ってきて、今の常駐先の仕事が終わった後、明け方まで仕事をしてました。それなりに貢献もしてきたと思うのですが、それで、なんで悪評が広まるんですか?」

社長「はああああ? それを自分で言っちゃうかな?本当に君はダメだな!!そういうのは、周りが評価するのであって、自分で言うことじゃない!!

社長「とにかく! うちを辞めるのはしょうがないにしても、退職日は半月ずらせ!今の常駐先に、契約社員でもなんでもいいから、半年は残ること。そうしないと、君の信用が地に堕ちてしまうよ!」

僕「よ、よくわかりません。。。」

社長「とにかく、このままでは、君の評判に関わるからね!君のために言ってるんだよ!」

・・・こうして、電話が切れました。。。

怒りの理由

社長は、僕が常駐先の上司である田中さんと仲が良いことを知らないのです。

また、システム業界の世界のことを僕が明るくないことを利用して、脅してきているのです。


これは、あくまで想像でしかないのですが、急にこんなことを言い出した原因の一つは、僕の内定先に対する嫉妬だと思います。

そして、もう一つが、会社の収益、ひいては自分の儲けを気にしてだと思います。

僕がいなくなると、同じ会社に常駐しているメンバーも切られてしまうことを恐れたのかもしれません。

そう考えると、辻褄は合います。

悔し涙

家に帰ったあと、電話で言われたことを思い返しました。

これまで、会社のことだけを考えて尽くしてきました。
それなのに、社長は、いざ辞めるとなった途端に手のひらを返し、攻撃してきました。

おそらく、彼は退職まで、攻撃を続けるでしょう。

そんな、社長の本性をみて、僕は本当に悔しくて悔しくて、その日の夜、妻に気づかれないよう、シャワーを浴びながら、泣きました

(つづく)



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

PVアクセスランキング にほんブログ村