かつてネトゲで数十人率いた妻と子ども達の中学受験

家を売ってSAPIX代をねん出し、2021年に娘が、2023年に息子が中学受験に挑戦することになりました。

11月マンスリー分析1.国語編

11月マンスリーでは、
自己最高記録を出しました。

12月マンスリーで、
さらなる飛躍を目指すべく、
今回のテスト結果を
詳細に分析することにしました。

まずは、国語からです。


150点満点中、80点台だったので、
4教科で最も伸びしろのある科目です。

サピ子の回答を見てみると、
漢字などの暗記部分は、
9割以上とれています。

日々の学習成果が出ています

で、メインとなる長文読解が低調で、
今回の成績になっています。

今まで、きちんと見たことが
なかったのですが、今回、
問題を読み込んでみました。

読解の問題もさることながら、
語彙を問う問題がかなり多いですね。

以前に国語のの先生からも
言われたことがありますが、
サピックスは語彙力を重要視しますね。

文法が分からなくても、
言葉をつなげば
なんとなく
言いたいことが見えてくるという
考え方のようです。

例えば、問題文の中で、

極めて示唆的です。

という表現が使われてましたが、
えらい難しい言葉を載せるなぁと
思いました。

そうすると、
サピックスのマンスリー対策としては、
語彙力の強化は、非常に有効みたいですね。

ひいては、長文読解力の強化にも
つながるのでしょう。

長文読解は、論説文と、物語文の
2種類が出題されます。

サピ子は論説文が苦手なので、
今回は、論説文を深掘りしてみました。

問題文をざっと読んでみました。

生物多様性」という観点から、
「量」重視の現代社会の価値観に
一石を投じる内容だったと思います。

ただ一部、気になる表現がありました。

科学は基本的に質を扱わないものです。
量だけで考える。
すると数式が使えて、
極めて客観的に扱える学問になる。

「は?」と思いましたね。

科学のミッションは「真理の探究」にあり、
決して量だけをみているわけではないはず。

一瞬
「なんてことを書くんだ」
と思いました。

「科学のことを少しも分かっていない」

と、サラリーマンの僕ですが、
憤ってしまいました。

まるで、この本の主人公みたいです。。。

科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました (文春文庫)


きっと科学を少しかじっただけの
ジャーナリストみたいな人が書いたんだろう

と、科学を少しかじっただけの
サラリーマン
の僕は、思いました。

ただ、なぜか、ひょっとすると、
超大御所が書いたかもしれない
とふと思い直し。

出典をググりました。

著者は、本川達雄さんという方。

生物学会の大御所でした。。。

大口をたたいてしまい、
申し訳ございませんでした。


ただ、あの表現は気になります。

どういう文脈で書かれたのか、
早速出典元の書籍を購入し、
読んでみました。

生物学的文明論 (新潮新書)

生物学的文明論 (新潮新書)

本記事を書くために、
スーパー速読で読んだだけなので、
あとでじっくりと読み直したいと思いますが、

僕はただ、言葉尻を捉えて、
あれこれ考えただけで、
著者の言いたいことを
見失っていただけでした。

サンゴ礁の共生関係などを
例にしながら、

今の生態系が
絶妙なバランスで
成り立っていることを
わかりやすく説明し、

やみくもに「量」を追い求める、
現代社会に対し警笛を
鳴らされていたのです。

これはあくまで私見になりますが、
本川先生は、

今の経済至上主義の世の中では、
量こそが幸福と捉えている。

そのため、幸福追求に資する、
技術の発展に寄与する分野の科学が
重宝される傾向がある。

しかし、
我々人類が幸福に暮らすためには、

質を見る生態学のような分野も
重要ではないか。

といったことを、
伝えたかったのではないかと思います。

また、この本の中では、
生物学的観点から、
時間の捉え方や死生観についても
書かれています。

40過ぎのおっさんが、
これからどう生きればよいか、
大きなヒントをもらえました。

生物はだいたい、心臓を15億回打つと、
寿命になるそうです。

人間の場合は、その15億回に達するのが、
なんと41歳くらいということです。

それ以降は、医療や社会の力で、
生きながらえさせてもらっている
ということになります。

本川先生は、
還暦過ぎは人工生命体
とまで書かれています。


これからの人生は、
しばらくは多くのエネルギーを、
仕事と子どもに、注ぐことになるでしょう。

ただ、残り40年、
ひょっとすると60年くらいになるかも
しれない人生をどう生きるべきか、
今一度、考える機会を得られました。


・・・あ、途中から分析するの、
忘れてました。。。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

PVアクセスランキング にほんブログ村