かつてネトゲで数十人率いた妻と子ども達の中学受験

家を売ってSAPIX代をねん出し、2021年に娘が、2023年に息子が中学受験に挑戦することになりました。

6年生4月SO結果

ゴールデンウィーク
終わりに近づいている中
今更感もありますが

6年生4月サピックスオープンの
結果です。

範囲のないテストへの
対応が全くできず、
前回は偏差値が30にも
届きませんでした。

点数は以下です。

算数 国語 理科 社会 合計
4月SO 140台 130台 70台 60台 410台

算国はそれぞれ300点満点
理社はそれぞれ200点満点です。


偏差値です。

算数 国語 理科 社会 合計
4月SO 50-55 40-45 35-40 35-40 40-45
11月SO 50-55 -30 -30 -30 -30
8月SO 40-45 40-45 40-45 30-35 35-40
5月SO 35-40 40-45 30-35 -30 30-35

前回と比較して、
偏差値が10以上アップ。

まだまだ行きたい学校の
偏差値には届かないものの、
 
範囲が決まっていないテストで
この偏差値まで取れたのは一安心です。

・・・が、みんなができている問題を
大量に落としており、
基礎力不足を課金塾の先生にも
指摘されていました。

もう、暗記が苦手とか
そういう時期は過ぎたので、
とりあえず、基本的なところは
詰め込むようにとのこと。


ゴールデンウィークを使って
どんどん詰め込もうと思ってましたが、
GS特訓と日々の勉強だけで
精一杯でした。。。





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コードを書けない妻が開発現場で重宝された理由2

前回の続きです。

なぜ妻は
ろくにコードも書けないのに
開発現場で生き残れたのか。

答えは、極めて単純です。

自分でコードを書けないので、
人に書いてもらっていたのです。

仕事の交通整理をして、
できる人にできる仕事を
割り振ったのです。

開発現場にはいろんな人がいます。

妻が関わっていたプロジェクトは
こんな感じのメンバーでした。

  • 超多忙なプロジェクトマネージャ
  • 気まぐれなスーパーエンジニア
  • 指示通りしっかりやるサポートエンジニア
  • 右も左もわからない新人くん

妻は当初、スーパーエンジニアの下で働く、
2人目のサポートエンジニアとして
期待されていましたが、

コードをまともに書けないので、
新人くんと一緒に
設計書類をきれいにしたり
テストをすることに
なっていました。

設計書の中身を書けるのは、
もちろんエンジニアだけです。

そこで、妻は、
エンジニアに設計書の
目次の一覧をエクセルで作って
章単位で誰が何日までに作らないと
いけないかを整理しました。

そしたら、
エンジニアの人たちも、
「章単位で管理されるとは。。。」
とか言いながらも言われた通りに
設計を進めておりました。

同じようにテストも
テスト項目を作って
誰がいつまでにテストして
バグが出たら、バグを直す担当と期日を
一覧表にして整理していたのです。

このおかげか、
開発プロジェクトは
大成功に終わりました。


妻がやっていたことは、
何も特別なことではありません。

ただ当たり前のことを
やっていただけなのです。

当たり前のことだけど、
意外と面倒で、
手を抜きがちなことを
愚直にやっていただけです。

でも、そんな愚直な作業を
引き受けてくれる人がいたおかげで、

プロジェクトのメンバーは、
ストレスなく
自分の役割に集中できたのです。

というわけで、
ITエンジニアを目指す方は、
ご参考にしてみてください。

プログラミング技術なんて
開発プロジェクトのごく一部でしか
ないですよ。

また、合わせてこちらも
是非お読みください。





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ PVアクセスランキング にほんブログ村

コードを書けない妻が開発現場で重宝された理由

少し仕事の話をします。

うちの妻は
元SEです。

20代後半で異業種から転職した
「駆け出しエンジニア」
でした。

転職前に、
失業保険(?)の一環で
授業料を給付してもらいながら

職業訓練校で
プログラミングの基礎を学んで
転職してきました。

一通りのwebアプリを作るまでの
実習を受けてきたようですが

はっきり言って
その程度では即戦力になり得ません

現場で活躍できるまでの
技術力にはほど遠く

しばらくは
ひたすらシステムのテストだけをする
現場に常駐していました。

そのテストの現場を卒業して
技術力も全くつかないまま
今度は開発の
現場に入れられたのです

スクールで学んでいたとはいえ
これはピンチです。

しかもjavaという言語を使うのですが
単なるjavaではなく、
かなり特殊な作り方(フレームワーク)を
導入していて、
数百ページに及ぶ英語のマニュアルを
読まないと理解できない状態でした。

プログラム経験が浅いことがバレたら
速攻でクビになるコースです。

しかも、現場には、
うちの会社以外から
凄腕のエンジニアが
招聘されていました。。。

そして半年後、

この開発現場に残ったのは、

妻だけでした。。。


(つづく)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ PVアクセスランキング にほんブログ村

6年生6月マンスリー結果

6年生4月マンスリーテストの
結果です。

結果は以下です。


算数 国語 理科 社会 合計
4月 40台 80台 50台 20台 210台
3月復習 70台 80台 50台 40台 250台
2月 50台 60台 30台 40台 200台
1月組 50台 50台 50台 30台 190台
12月 50台 60台 40台 40台 190台
11月 80台 90台 20台 50台 240台
10月 70台 30台 40台 40台 210台
8月 50台 80台 50台 20台 210台
7月復習 60台 60台 50台 30台 210台
7月組 50台 80台 30台 20台 200台
6月 60台 70台 50台 30台 230台
4月 40台 80台 30台 40台 200台
3月復習 80台 50台 50台 40台 230台
3月組 60台 70台 30台 20台 190台
1月復習 70台 50台 40台 30台 200台
1月組 30台 70台 30台 20台 170台

算数が伸びないと合計も伸びないですね。。。
偏差値は以下です。

復習テストからは
下がりました。

クラスは上がるかと
思っていたのですが
数点足りずに現状維持

先日、
サピックスオープンも
ありましたね。

前回の偏差値は20台でしたが、
ちょっとは成長してるかな?



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ PVアクセスランキング にほんブログ村

学習記録0417日

ブログを毎日書くのも大変です。

土日も毎日基礎トレやってる
受験生はそれだけで尊敬します。

6:30起床

基礎トレ
アプラス理科
アプラス社会
漢字の要
言葉ナビ

サピックスオープン
(9:00 - 14:30)

友達と遊んで、
夜に理科の確認問題

よく頑張りました。

寝る前に最近覚え始めた
将棋をやって寝ました。




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ PVアクセスランキング にほんブログ村

学習記録0416土

お試しで
学習記録でも
つけてみようかと。。。

7時起床

基礎トレ
アプラス
アプラス

国語の教科書音読
漢字の要
言葉ナビ

土特理科家庭学習
土特社会家庭学習

この後、土特へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ PVアクセスランキング にほんブログ村

バトル回避策

弟くんの中学受験の伴走から
少し距離をおくようにしてます。

僕がコロナに感染して、
物理的に距離をおかないと
いけなかったのもありますが、

結果的に、僕が寝ている間、
ママが見ていた3月復習テストが
過去最高の結果でしたから。。。

それでも、僕も勉強を見ることがあり、
先日もちょっとしたことで
バトルになりかかりました。

弟くんは毎日欠かさず、
算数の「基礎トレ」をやっています。

「基礎トレ」については、
以下にまとめてます。

だいたい8割程度は取れるのですが、
その日は、5割しかとれませんでした。

それで弟くんは
イラついてしまい、

「もう受験オワタ」
とか
「〇〇中絶対落ちる」
とか言いながら、
解いた紙をぐちゃぐちゃに丸めて
捨てる始末。。。

勉強で大事なのは、
解けなかった原因を明らかにして、
次に同じような問題が出たら
解けるようにすることです。

だから、この後のやり直しが、
非常に大事なのですが、

それどころではありません。

こうなった時、
今までなら叱ってしまい、
「勉強やる/やらない」の
バトルになってました。

でも、
今の僕は違います。

この話を思い出し、
別のアプローチをとりました。

「動画何見たい?」
「この後見ようか」

とか勉強とは違う話をしてみました。

そうすると、
スターウォーズ
とか、ボソッと話し始めました。

「じゃあ、今日はサピはないし、
 ご飯の前後で少し見よう!」

とか会話しているうちに、

弟くんは、おもむろに鉛筆を持って、
やり直しを始めたのです。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ

PVアクセスランキング にほんブログ村