かつてネトゲで数十人率いた妻と子ども達の中学受験

家を売ってSAPIX代をねん出し、2021年に娘が、2023年に息子が中学受験に挑戦することになりました。

【2021受験結果報告】1月の迷走、2月の選択

これまでのあらすじ

サピックス代を工面するため、
車を売り、
専業主婦だったママが
パートを始めました。

それでも足りず
家も売りました。

それでも、
偏差値もクラスも
思うようには上がらず、

第一志望校は
どんどん遠い存在に
なっていきました。

それでも第一志望校への
夢は捨てられず、

12月からは家庭教師への
重課金を始めました。

最近、同じ映画を
10回も20回も観る人たちが
話題になってるじゃないですか?

課金先生に投資した金額で、

100プペいけますからね!

そんな娘の挑戦の
結末を
お伝えいたします。

f:id:choconta:20210205230532p:plain:w80

親のエゴと課金先生

年末に、課金先生と相談して
受験校を決めました。

なお、娘の
第4回サピックスオープンの
偏差値は50すれすれくらいでした。

サピックスの先生と比較して、
課金先生の言葉は聞いていて
心地よいのです。

「サピ偏差値50くらいでも、
 今から御三家も
 不可能ではないですよ!」

とおっしゃるので、
過去問やってみると。。。

「今の時期にここまで解けるんですね!
 これは、いけるかもしれないですよ!」

といった具合です。

サピックスに相談したら、
「え!?
 その学校を目指して
 随分前から準備している子が
 たくさんいるので。。。」

みたいに、
遠回しに望み薄であることを
伝えてきます。。。

ただ、
カエサルも言っているように、

人間は見たくない現実は
見ようとしない

わけで、
課金先生のアドバイスを受け、

1月に3校受験して、
全校合格したら、
御三家チャレンジ

という壮大な計画が、
立てられました。。。

1月の迷走

1月は、
冬休み明けから3日連続の
テストで幕を開けました。

最初の2校は、
順当に合格しました。

・・・が、3日目で、
初の不合格となりました。

事前に立てた計画が、
崩れ去り、
ここから迷走が
始まります。。。

まず、
1月の入試を
追加しました。

1月入試のうち、
最難関の一つでした。

娘の偏差値の
はるか上にある学校です。

その結果、

あえなく不合格でした。

これを機会に、
親子共に、
一気に現実に
引き戻されました。

当初から目標に掲げ、

サピックスオープンの結果が
どんなに奮わなくても、

どんなにクラスが上がらなくても、

決して変えなかった
志望校。

この学校への、
壁の高さを
今頃になって
実感し始めました。

そして、2月の後半に、
安全校を受ける
プランとなりました。

なお、余談ですが、
冬休みが終わってから、
1月は小学校は
一度も行きませんでした。

そんな中、友達から、
「受験頑張って」
という寄せ書きをもらってました。

娘にとっては
とても励みになったと
思います。

また、サピックス
国社の授業と土特はお休みし、
過去問対策や弱点対策に時間を
当ててました。

そして
週1でお願いしていた
課金先生は、
終盤に追加課金して、
週2で来てもらいました

2月の選択

受験校選択

2月1日まで、
あと2週間くらいのころ、

娘が、
「2月1日は受かる学校を受けたい」
と突然言い始めます。

その時、
自分が中学受験した時のことを
思い出しました。

僕も同じように、
成績に合った学校を
自分で選んで受けました。

親や先生よりも、
勉強している本人が、
一番身の程をわかっているんです。

そこで、
大慌てで受験校を
改めて調べ直しました。

サピックスや課金先生からの
アドバイスも受けました。

そこで2校が浮上しました。

2校とも自宅から少し遠く、
全く調べていなかった
学校です。

急いで、
過去問を取り寄せました。

そして、
本人が相性がいいと感じた
学校に決めたのです。

2月1日

そして迎えた2月1日。

学校まで距離もあり、
早い時間の出発でしたが、

あろうことか、付き添いの僕が
忘れ物をしてしまい、
取りに戻り、時間をロス。

これで、ママが大激怒して、
2月受験が幕を開けました。

ママの大激怒と、
現地までの乗り換えが
思いの外複雑だったので、
仕事の調整をして、
お迎えも僕がいきました。


テストが終わった後の
娘の第一声はなんと

「この学校は行かない」

でした。

やはり距離がネックだったようです。

そのため、
2月1日の合否にかかわらず、
第一志望がだめなら、1月合格校か、
2月後半の安全校というのが、
大まかなプランとなりました。

2月2日

いよいよ本命校です。

送り迎えは僕です。

テストが終わった後の手応えは、

「過去問やってた時よりできた」

でした。

これで、
かなり期待値が上がりました。

夜の合格発表前は、
本人も手応えがあったのか、
お祭り騒ぎでした。

ちなみに、1日校は、
本人が行く意思もない上に、

万が一、2校とも不合格だった場合に、
立ち直れないんじゃないかと、
その日は結果をみないことにしていました。

でも、当の本人が我慢しきれず、
自分のスマホで結果をみてしまいました。

その結果、


1日校見事合格!


これで、第一志望校の発表への
期待がますます高まりました。

そして、夜9時に、
運命の結果がネットに掲載されました。

その結果は、

第一志望校、
不合格・・・


本人も、
何度も自分の番号を
探していましたが、

結局見つからず。。。


家中の空気が一気に沈みました。

その時の本人の顔は、
今まで見たことのない
なんともいえない表情でした。。。

この経験は、
一生忘れないでしょう。

ただ、泣いている暇すらありません。

この結果によって、
翌日もテストを受けなくては
ならなくなり、

そして、見事合格した1日校の
入学手続きを進めるべきか、
すぐに決めなくてはいけなくなりました。

夜、10時前でしたが、
サピックスの先生にお電話が繋がり、
相談させてもらいました。

1日校は間違いなく難関校の一つ

距離を考慮しなければ、
今まで受かった学校や、
第一志望以外の
これから受ける学校より、
この学校を選ぶ方が多い

コロナの対応も早く、
教育の質はよい。

大学進学実績も悪くない

また理系にも強い

この話を聞き、
また、ネットで学校の情報を
調べました。

調べれば調べるほど、
魅力的な学校であることが
わかってきました。

とりあえず、
入学金を振り込み
翌日の手続きを
実施することにしました。

なお、入学金は振り込み後も、
他校の結果を受け、
返還できるようで、

そういうところからも、
好感度は上がりました。

2月3日

この日も朝、
娘を試験会場まで送り、
午前中は、
会場の近くで仕事をして、
お昼頃に、
1日校の入学手続きに
行きました。

家に帰って、
娘に合格証書を見せると
表情がパッと明るくなりました。

その後、娘も色々考えたようで、
その日の夜には、
1日校に行くと決心を
固めたようでした。

なお、2月3日の挑戦もダメでした。

2月4日は、チャレンジ校と安全校の
両方に願書を出しておりますが、
最後に安全校を受けて
娘の受験は終わります。

2月4日

娘は1日校に行くことに決めたようで、
安全校に受かっても行かないと言います。

だったら、チャレンジ校に挑戦しようと
いうことになり、朝になって、
受ける学校を変えました。

もう1日校に決めてるのなら、
最後もチャレンジしてみたら?
ということになったのです。

結果は、





見事に玉砕



ただ、終わった後の、
娘の表情ほ非常に晴れやかでした。

一生懸命勉強して、
当日も力を出し切ったのでしょう。

それでもダメだったのだから、
仕方がないと、諦めがついたようです。

そして、
1日校への期待が高まったのと、
なによりも、
受験が終わったことの
安堵感が大きかったと思います。

これまで、
本当によくがんばりました。

残りの小学校生活を
目一杯楽しんでください!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ

PVアクセスランキング にほんブログ村